黎明期 1966年 「ソニープラザ」 銀座店
1972年 「大中」
1973年 「THE CONRAN SHOP(コンランショップ)」ロンドン1号店
1974年 「文化屋雑貨店」、「オレンジハウス」が東京・渋谷にオープン
1978年 「東急ハンズ」 渋谷店
第1次雑貨ブーム 1981年 「アフタヌーンティー」「F.O.B COOP」の誕生をきっかけにしておこる
「F.O.B COOP」 仏DURALEXを日本で最初に取り扱う
「レイジースーザン」青山店
1983年 「無印良品」青山店
1986年 バブル景気到来 消費を美徳とする風潮
第2次雑貨ブーム 1987年 「LOFT(ロフト)」
1991年 バブル崩壊
100円均一「ダイソー」が最初の常設店舗を開設
1992年 「Franc franc」(フランフラン)1号店 天王洲アイル店
1994年 「THE CONRAN SHOP」日本1号店 福岡天神 岩田屋Zサイド
1995年 7月 アマゾン アメリカで創業
1997年 5月 楽天市場 サービス開始 13店舗でスタート
2000年 アジア、エスニック系雑貨ブーム
11月 アマゾン 日本サイトオープン
2004年 10月 楽天市場 10,000店突破
2007年 6月 楽天市場 20,000店突破
2008年 リーマン・ショック
2009年 9月 楽天市場 30,000店突破
2011年 ペット用品、ハンドメイド、北欧スタイルブーム、エコ・癒し系
3月 東日本大震災 消費者の意識変わる
2012年 1月17日minneサービス開始。
スマートフォン普及によりフリマアプリが普及しハンドメイド作品の流通が容易になり総商売人(あきんど)化。
2013年 10月7日ヤフー・ショッピング出店料無料化。
これにより楽天市場の通販モール支配が崩れはじめる。
2014年 以前からあったミニマリストという言葉がメディアなどでも広がり始める。
雑貨やアパレル業界には特にイタイ風潮w
2015年 消費者の節約志向でIKEAやニトリなどの安価な家具や雑貨を販売する店舗が人気に。
2016年 インバウンドによる爆買いにより土産物や化粧雑貨が爆売れ。
海外観光客(主に中国人)が多い地域とそうでない地域との明暗が分かれる。
ドンキホーテや家電量販店やドラッグストアなど。
※ページ中には誤りが含まれる可能性があります。ご了承ください。