第 3 位
雑貨書籍画像
1,620 円
発行:産業編集センター
著者:チャルカ

【判型】A5変型判(並製本)
【ページ数】200ページ
【定価】1,575円(税込)
【ISBN】978-4-916199-76-8
【発売日】2005年9月26日


■内容

ベルリン→プラハ→ブダペスト

チャルカの雑貨探しドキュメンタリー。

国際列車ユーロシティEC171に乗って、ベルリン、プラハ、ブダペストへ。

大阪の東欧雑貨ショップ「チャルカ」が、雑貨買いつけの様子を写真とエッセイで大公開。

知る人ぞ知る蚤の市や街情報など、レアでディープなコンテンツ満載の一冊!


■目次

【第一章】BERLIN
蚤の市/ガラクタ屋/東ドイツ時代の食器/ベルリン雑貨/文房具コレクター/東欧のアジガミ/東欧の人形劇/トラバントをつくろう!/共産圏の車ウォッチング/東ドイツ時代の切手 /DISCOVER BERLIN/ベルリンの街情報

【第二章】PRAHA
切手商/初日カバー/バザール/東欧の古い文房具/麻ひも/ボタン/ヨーロッパの工場、チェコ/東欧のマグカップ/コースター/東欧の文房具事情/文房具の問屋/東欧の食堂車/東欧のキャベツの酢漬け/DISCOVER PRAHA/プラハの街情報

【第三章】BUDAPEST
手仕事の国/アンティーク・クロス/刺繍の村/憧れのトランシルバニア/おばあちゃん雑貨/太陽柄の食器/食器の4大ブランド対決/MORAの絵本/東欧のきのこ雑貨/中央市場/ディアフィルム/水玉模様/東欧の別荘ライフ/東欧のさびた雑貨/DISCOVER BUDAPEST/ブダペストの街情報

【第四章】雑貨ハンターのABC
準備編/現地での情報の集め方/雑貨が「ありそう」な店、スポット/荷物のつくり方/ 郵便局事情/雑貨ハンターの週末/雑貨ハンター用語

【第五章】雑貨ハンターの旅日記
久保篇/藤山篇


■著者

チャルカ(CHARKHA)

大阪北堀江にある雑貨と生花と喫茶の店。

1999年秋の開店当初から東欧を旅して、東欧の雑貨を日本に紹介してきた。

2001年からはハンガリーの紙芝居幻燈(ディアフィルム)を日本語版に吹き替えて全国巡回をスタート。

2005年2月にはハンガリーの絵本作家、 マレーク・ベロニカを招聘し、日本初の作品展を大阪で開催。

さらにチャルカ印のオリジナル文房具を次々に発表するなど、 その活動範囲は雑貨屋の世界にまったくとらわれることなく増幅中。

小社刊行書籍に『チャルカの旅と雑貨と喫茶のはなし』『ハンガリーのかわいい刺しゅう』がある。

関連サイトicon_arrowhttp://www.charkha.net/icon_window